仙台平の特徴

精好仙台平の記録より
重要無形文化財 保持者 甲田榮佑 稿 

 仙台平の過渡時代ともいうべき藩政中期の模様織物は、空引機と称する手織機で、機械の上部に備えられた模様の掛糸を引く者と、引かれた糸を下で織る者と、一台の機が二名によって操作された。その後、袴地を主として織出すようになってから手織の組織としては、簡単な平織法ではあったが、織味、織風合、織香、気品等最高の織物と成すべく苦心が積み重ねられた。
 それらの工夫に没頭専念することができたのは、大大名であった伊達家から織物師として扶持を給せられ、生活と技術を保護されたからに外ならない。従って藩の用命以外は需要に応じない所謂お留め織の制で、仙台平は技術的に高度の成長業達を遂げるに至り、そこに大きな特徴を生んだ。
 特徴の一つは染色である。昔ながらの草木染め方法に独自の近代感覚を加合して、色彩のみに止まらず、織物の質を強靭にしている。また最も特徴とするのは緯糸で、生糸を生のまま撚らずに精練し、硬軟いずれにも偏しない最も困難な染色法をとり、熱の処理加減が一分でも狂えば最高の味が出せない点に苦心が払われている。

 相矛盾した堅さと柔らかさの融合した絹に、織上がりの味を加え、これに風格と品位を備えなければ真の仙台平とは言えない。仕立て上がった仙台平の袴は、折目の線が垂直で坐すれば堅さのあるふくらみを生じ、起てば折目が簾の如く自然に下がって、裾のまくれる事は絶対にない点は他の追従を許さない特徴の最たるものの一つである。このためには糸の締め具合を加減し、緯糸は無撚りのまま数本または数十本引き揃え、水で濡らしてから織り上げる。一見簡単な斜々子織の平の織物であるだけに、その特徴を生かすための特別の苦心を要し、秘法もある。
又袴の着する用途によりその作品に高度の織味を加えねばならない。

一、 仕舞用には舞台にて仕舞する動きの品位と美を表現するため、動の形の変化によって形の整う様な織法に織り上げる。
一、 地謡には仕舞の動きと異なり座の形、すなわち静の味に加えて鼓等その他のわずかな動に対する形が整う様にする。
一、 弓道の場合は終始袴に手を触れる事が出来ない為特に立体の形の静を袴に表現するのである。
一、 日本舞踊には、袴そのものが舞に合致せねばならない動きの美の形の表現である。
一、 茶の湯の袴は茶の湯の心を袴に現わす座に対する静かなる形、品位、並びに色彩の表現である。

 その他、一般の芸能用はもちろん儀式用にも又訪問用にも各その袴の持つ品位を静と動に表現し、形と心が合致する高度の古典的色彩による縞の芸術的創作が求められ、日本男性の民族衣裳として今後の研究課題はその方向に向けられ実現しつつあり、さらに向上に努力している。








甲田 綏郎 作 「蓬 莱 山」


 

甲田 綏郎 作 「豊 穣」

このページの上へ戻る △

【 仙台平とは 】

仙台平とは合資会社仙台平(宮城県仙台市) だけで作られる周知著名な絹織物で、それを作る技術である精好仙台平は重要無形文化財に指定されています。
(資)仙台平の代表 甲田綏郎(こうだよしお)は、江戸時代から続く仙台平の伝統と技を守り、重要無形文化財技術保持者に認定されています。
*仙台平は当社の商号及び登録商標です。